読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

poke-vape’s blog

ベイプリキッドレビュー、MOD、アトマイザーの紹介。勉強しながら書いていきます。

クトゥルフ V2

今回はAuthenticです。
箱の裏に簡単な商品説明と「Authenticity Query code」と書いてあり、8文字の英数字が書いてあります。
本物はmade in chinaみたいですね。

「外箱」
f:id:poke-vape:20151222063513j:plain

クトゥルフの絵とQRコードのシールが貼ってあります。
シールの中に小さなごみが挟まっています。
手作業なのでしょうか。

「開封」
f:id:poke-vape:20151222064024j:plain

タンク、予備パーツ、ドリップチップ、擦りガラスタンク、シングル用デッキが見えます。

「バラす」
f:id:poke-vape:20151222064544j:plain

クトゥルフv1同様パーツが多いですね。
デッキが4本ポールから2本に変更されています。
更に追加でシングル用デッキが付属します。

「予備パーツ」
f:id:poke-vape:20151222070141j:plain

ガラスを挟むO-ringを赤と青に変更できます。
その他各パーツのO-ringが予備で付属します。
やはり予備パーツが付いているのは安心ですね。

「デッキ解体」
f:id:poke-vape:20151222073103j:plain

最初解体の仕方が分からなかったので書いておきます。
ピンはネジに更にネジが付いている構造になっています。
銅のネジでポジティブピンの調節ができ、銅のネジを外してその奥のステンレスのピンを外すことでデッキの交換ができます。
銅はステンレスよりナメやすいのでネジを外すときには注意が必要です。
特にこのRTAのネジは最初固くなっています。

「2本ポール」
f:id:poke-vape:20151223064145j:plain

2本ポールはVelocityタイプになっており、穴が4つあります。
使用できるコイルの幅が広がります。
ジュースホールも大きいので、リキッド消費が激しいコイルでも供給が追いつかないことはあまりないでしょう。
また、六角ネジなので締めやすくなっています。

「シングル用デッキ」
f:id:poke-vape:20151223064917j:plain

シングルデッキはSUBTANK miniに近いです。
SUBTANKよりジュースホールが大きくなっているので供給不足にはなりにくいと思います。
ネジは2本ポールが六角ネジでしたが、シングルデッキがプラスネジになっています。。
プラスネジのところまでSUBTANK miniとおなじですね。

「リキッド補充」
f:id:poke-vape:20151223065314j:plain

ドリップチップ側を回す事で外れます。
このタイプは初めて見ました。
ガラスがデッキとパッキンで止まっているだけです。
ただ、他の別途でトップフィル用の穴を作っているアトマイザーより補充がしやすく、ガラスボトルからの補充も簡単にできます。
これは便利ですね。

「ドリップチップ側(裏側から)」
f:id:poke-vape:20151223070604j:plain

見えますでしょうか?
蒸気の通り道の間にO-ringが入っています。
v1から改良が行われています。
これで傾ける事があっても漏れにくいようになりました。

「エアフロー」
f:id:poke-vape:20151223071225j:plain

エアフロー調節は無段階調節になっています。
滑らかにスムーズに回すことができるため、v1ではMODから外さなければ回せないくらい固かったですが、v2ではアトマイザーを外さずにエアフローコントロールが出来るようになりました。
エアフローのところに引っかかりがあるため、必要以上に回すことが無くなりましたが、分解できなくなりました。


試しにチタンで巻いてみましたが美味しくいだだけました。

最近、チタンコイルでドライヒットする問題を抱えていましたが、Twitterでコメントしたところ、丁寧に仕組みを教えていただき、ありがとうございました。

Takさん、Chengさん、阿闍梨さん感謝します!


510ドリップチップ
トップフィル
2本ポール、シングル用デッキ
無段階調節エアフロー
510スレッド

幅 22 mm
高さ 71.7 mm
タンク容量 5 ml
重さ 68 g


よろしくお願いします↓
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村